たくさん食べるためにちょこっと走る応援専門怠け者陸上部員の日記
by kei
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
うちごはん
そとごはん
家飲み
モラタメ
お菓子

植物
写真
好きなもの
学び
会社
陸上
日々
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
kebweb*log
つるんたらん田舎だより
あんちえにっき
レイコさんの鹿児島スケッチ
macoのおつまみ日記
arare day's
王様の耳はロバの耳
photo life o...
WOOL 50%
たぶんカメラ、好きですねん
リンク
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...
ライフログ
検索
タグ
(38)
(5)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
" LC-clover1" Skin by
Animal Skin
神話の里 高千穂 sanpo
d0148610_23554328.jpg

前々から気になっていたスピリチュアルスポットの高千穂。
厳かでピーンと張りつめたような空間が広がっていて、本当に清々しい気分になりました。
写真を見ながら振り返ると、あの時の感動が甦ってきます!

高千穂は、どこか遠い存在で、気になりつつも近づけなかった場所だけど、
今回、阿蘇に1泊して、朝から高千穂へ向かい、ゆっくりパワーチャージしてきました^^v


高千穂峡
d0148610_23582991.jpg
古阿蘇火山活動により溢出した溶岩流が五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却し、柱状節理の懸崖となった渓谷。
下から見上げる懸崖は、高いところで100mにも達し、圧倒されます。


真名井の滝
d0148610_23595981.jpg
絶壁に流れ込む真名井の滝は、ボートで近くから見ると、かなりの迫力だそうで、小雨で寒かったけれど、観光客がボートで滝の近くまで進んでいました。

d0148610_005027.jpgd0148610_011084.jpg
高千穂渓谷沿いの遊歩道を進むと、道沿いに伝説にまつわるエピソードが次々と登場。

d0148610_02660.jpgd0148610_03512.jpg
d0148610_034266.jpgd0148610_04566.jpg
d0148610_04387.jpgd0148610_045922.jpg

自然の偉大さ、大きなエネルギーを感じたような・・・たぶん!?(笑)
d0148610_061285.jpg



高千穂神社
d0148610_064611.jpg

11代垂仁天皇の御世の創建と伝えられ、続日本後記等の六国史の記載では、日向国最高位の神階を授かっている神社。
平安時代末期には、高千穂郷八十八社の総社として、農産業、厄祓、縁結びの神として、
広く信仰を集めているそうです。
d0148610_082394.jpg

境内には、樹齢800年の秩父杉や夫婦杉がそびえ立ち、厳かな雰囲気です。
d0148610_072481.jpg
d0148610_074539.jpg

d0148610_09078.jpg
高い木々に守られているように見えました^^


天岩戸神社(あまのいわと)
d0148610_093496.jpg

天岩戸を神域として祭っている神社。
天照大神(あまてらすおおみかみ)の神話は、子供の頃から耳にする有名なもの。
この天照大神が篭ったと言われる天岩戸を拝観できるのは、拝殿背後の拝観所だけで、
ここに続く道の入口には鍵がかけられています。
宮司さんに案内してもらうと、その拝観所に入れてもらえ、天岩戸を渓谷越しに拝観することができます。
神域なので、写真撮影は禁止。
木々が立ち並んで、実際にその洞窟は見えませんが、本当に神秘的な場所です。
異空間に紛れ込んだような気分を味わえます。
行かれる方は、ぜひ宮司さんに案内をしてもらうことをオススメします。
d0148610_0103641.jpg


雨が降りしきる中でも、多くの観光客が連なっていた高千穂。
大きなエネルギーに引き寄せられて多くの人が訪れるのかも^^
ぜひ、また行ってみたい素敵な場所です!
[PR]
by kei_hb | 2009-12-09 00:47 |
<< Midnight cookin... | ページトップ | レイコさんのレシピ 「豆腐のあ... >>